環境活動

3R
石油を原料とするプラスチックは、生活には欠かせない機能性に優れた 素 材であり、そして、今日、大量のプラスチックが消費されています。しかし、この大量プラスチック消費から生じた一つの重要な問題があります。使用済みプラス チックと、今後どのようにして付き合っていけるか、ということです。適切な対処方法の一つとして考えられるのは、3R活動(Reduce, Reuse, Recycle)です。この活動は、上記問題への取り組みだけけではなく、同時に、天然資源の無駄遣い防止保護という利点もあります。

  • Redece (リデュース、消費量の削減)
  • Reuse (リユース、同製品の原材料として再利用)
  • Recycle (リサイクル、新たな製品の原材料として再生利用)

環境企業活動
誠和は、国際貿易に特化した中小企業とて、3Rのうちリユース・リサイクルに焦点をあて、プラスチック業界内におけるマテリアル・リサイクル活動のために最大限の努力をしています。

リサイクルプラへの取り組み
発生元、使われ方に応じて、リサイクルプラスチックは様々な状態・特徴を持ちます。そして、一般的に、その状態をより正確に説明することは簡単ではござい ません。しかし、誠和では、全ての取り扱い原材料に対し、より正確な状態を把握することに重点を置いています。その情報が、適切なリユース・リサイクルを決定す る上で大変役立つからです。

提携先企業様とのコミュニケーション
一つのリサイクルの流れを完成させるため、そして、継続させるために、誠和は、関係企業間とのコミュニケーションを重んじます。ささいな懸念事項からくる 問い合わせにも最大限応じます。同様に、関係企業様が、誠和からの問い合わせに対してご対応して頂けると幸い、と考えております。これらコミュニケー ションが、長期継続なリユース・リサイクル体制を作り出す上での底力になる、と信じています。

効率的な物流
二酸化炭素発生量を削減させるために、効率的な物流を心がけております。具体的には、国外向けの各 コン テナ積載量を最大限にする、国内搬送の積載量を最大限にする、といった項目を目標として設定し、達成できるよう努力しております。

You are here: 誠和について 環境活動